手続きやら、する事が色々あって
ようやく、落ち着いた頃には
辺りは暗くなり、夜が更け始めていた。



久しぶりに帰って来た“我が家”…


まさか、こんな形で帰って来るなんて
思ってもみなかった―…。



『空…お帰り。やっと、帰って来れたよ…?』




冷たくなった、空の頬を撫でると
思い知らされるんや。



[空は死んだんだ…]って。





俺のせいや―…。

俺のせいで、空は死んだんだ。



中途半端に逢おうとしたから…

最後まで、無意味な意地を張り通して
『逢わない』って言えば…

そうすれば、空は死ななかったんや―…。





――…

―――……


時計の針が0時を過ぎた頃


みんな、自分の部屋に戻って行き
相変わらず、空の側から離れられない俺……。



『1人じゃ…寂しいもんな…?』



ほんまは、俺が寂しいだけ。




.

この作品のキーワード
姉弟  実話