ポタポタ…と

水が滴(したた)る雨音が心地いい位に響く部屋で

いつもは、目覚ましが鳴らないと起きない俺も

珍しくソレが鳴る前に目が覚めた。



最近やたらと雨が多い気がする…



『はぁー…』



重い体を起こして、寝起き早々…目覚めの一服





━━俺


坂本 光。


年は…気付いたら

もう、結構いい年。




会社に行って、夜はBARのバイトに行って

深夜3時に帰って来て眠りにつく…

何もなく、同じ事を繰り返して行くだけの毎日。





あんなに欲しかった“平凡”が、

まさに、今ここにあるって言うのに…


辛かった過去でさえも

“あの時の方が良かった”

なんて思うのは、自分でも気付いてなかっただけで

ほんとは幸せだったからかもしれない。




人間は、何て欲張りな生き物なんだろう?










何気なくテレビの電源を入れると…窓の外の空とは裏腹に、可愛らしいレインコートを着た陽気なお姉さんが今日の天気予報をしていて

ボーっと…付いているだけでBGMと化したテレビを眺めて、ふと…思い返す。






『空……』



タバコの煙と共に、切ない名前が

口から零れた……。










.

この作品のキーワード
姉弟  実話