――ガチャ



静かな廊下に鍵の開く音がやたらと響く…。



『どうぞ』


そう言い残し、先に家の中に入り部屋の電気を付けると

後ろから「お邪魔します…」って、遠慮がちな声が聞こえて来た。



『何もないけど。苦笑』


「綺麗にしてあるんやなー…」


そう言って、部屋を見渡す花。



綺麗してあるんじゃなくて、必要最低限の物しか置いてないだけ。

寝る為だけの我が家に、余計な物なんていらないし…



『適当に座ってて』



キッチンに行き、コーヒーメーカーのスイッチを入れ、
しばらくすると、珈琲の良い香りが鼻を刺激して来る。



両手にカップを持ち、花の元へ向かう…



初めて、女の子を家に招いた。


今まで殺風景やった部屋も、人がいるってだけで
心なしか明るくなった気がする…



『はい』


カップを花の前に置き、向かいに座る



「ありがとう。頂きま〜す」



フーッフーッと湯気の立つ珈琲を冷ます姿に

不思議な気持ちになった…







.

この作品のキーワード
姉弟  実話