『んなら俺ちょっと飲み物買ってくるわ。』                『………。』                             私は、何がなんだか分からなかった。                   こういう時は落ち着いて考えなきゃね。               えと。      カツヤは私のことが好きなんだよね……――?                    えっ!?            カツヤは私のことが、す‥‥‥き?        さっき絶対好きって言ったし、付き合ってとか言ってたし。                     『え゛〜〜〜〜!?』              まわりにいた人がみんなこっちみてるし恥ずかしい////        んなワケの分からないままカツヤを追い掛けてた。 人込みの中からカツヤの姿が見えた!       どんだけ走ってもカツヤに追い付くことができなくて私は、その場に立ち止まった。    『カツヤ〜!私も前からカツヤのことが好きだったよ!私と付き合ってくれませんか?』   って言っちゃったょ……―。                    てゆーか何で私も告ってんのぉ!?