(こんなところで生活とか、ありえへん!!どうにかして脱走せな…)



澪は顎に手をあて考える



(まずは…この屋敷の構造と住んでる人達を把握せんと)



澪はすっかり自分の世界に入ってしまった



そんな時、



「なぁーに、企んでんの?」



澪は耳に生暖かい風を感じ体がビクッと跳る



そんな澪を見て千里はニヤッと笑う



「いいねぇ、その感度♪」





……っっ!!!!!





(なっなにいってんねん!変なこと言うと張っ倒すで!!)


「耳元で話しかけんの、止めてくださる?」



ついつい声に力が入ってしまった











この作品のキーワード
恋姫  甘々  二重人格  ヤクザ    婚約  極道  関西弁  お嬢様  意地悪