(さて、うちも戻るか…)



それにしても、猿井くんが組の人だなんて、想像がつかない



みんなが出ていった後、部屋にもどろうとあたしは立ち上がった



とそのとき



グイッ



腕が思い切り引っ張られあたしは倒れ込んだ







…ん?



痛…くない、それになにやら温かい



(これって…)



気付けばあたしは千里の腕の中にいた



「ちょっと、腕、引っ張らないで下さる?」



顔を上げると目の前には千里の顔が



不甲斐にもドキッとしてしまうあたし…


(いっいや、そんなことあらへん…ょ)










この作品のキーワード
恋姫  甘々  二重人格  ヤクザ    婚約  極道  関西弁  お嬢様  意地悪