仲良くなるにつれてリュウガの家にも行っていた私。



部屋に入って鍵を閉めた途端、私を後ろから抱き締めてくる。



「ま、待って……」


「焦らすなよ。ずっと我慢してきたんだから」



そう言って体をくるりと正面を向かされて唇を重ねてくる。



何度も何度も角度を変えては私の反応を楽しむように熱くて深いキスを繰り返してくる。




「だって……私、まだ……ちゃんとリュウガから聞いてない」


「何を?」



ベッドに座らせられてギシリと膝をついてくるリュウガ。



「好きって……」


「好きだよ」



〜〜っ!そんなあっさり言わないでよ!顔が熱くなって何も言えなくなる私にリュウガはクスリと笑った。




この作品のキーワード
コンパ  毒舌王子  シンデレラ  思いやり  イケメン  劣等感  メガネ  ダイエット  魔法  はじめて 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。