花が彩り満ちゆくならば
お傍に召しませ
蕾の花を

******************

大正純愛浪漫譚
「箱庭に花」


第一章「藤宮の娘」
第二章「伊集院の息子」
第三章「植木職人の弟子」
第四章「色は匂へど」
第五章「花の散るさま」
第六章「箱庭に花」
第七章「椿の咲く場所」
第八章「花は戻りて」


2009/12/19 完結

この作品のキーワード
和風  結婚  純愛  花魁    箱庭  大正浪漫  和歌  大正 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。