この春、高校1年生へと進級した川原桃

新しい希望を胸いっぱいに抱え込んで入学したことに、後悔したのは、入学して、すぐのことだった・・・。


あんな奴に出会うとは

思いもよらずに・・・