★★★★★
ジワリと恐ろしい
こんにちは、玲彩菜です。

317Pを1時間ほどでぺろりと読んでしまいました。
ふつう長編だと分けて読むのに、この作品は一気に読んでしまいました。

それぐらいはまった・・・。はまりすぎて悔しいぐらいです。

まあ、なんか変なこと言ってますが、この作品を読んで全然後悔してません。

最初香織と久枝ってどういう関係なのかなって疑問に思いましたが、最後はええっとびっくり仰天。理由はネタバレしそうなので、書きません。

香織がストーカーにあっている場面では、同じ女として恐怖を感じました。気持ちも、うんうんとうなずけました。

たぶん、今まで読んできた小説の中で一番感情移入したっと思っています。

事件は恐ろしいですが、それ以上に恐ろしいのは人間の心だと実感しました。

復讐は何も役に立たない。人の心を苦しめるだけだと、また考えました。

素敵な作品をありがとうございました。
実城玲彩菜
12/04/28 18:41

>>新着レビュー一覧へ