「ねえ、ホルン好きなの?」


「大ッ嫌い!!!!」





今までこんなにホルンが嫌いだったあたし。


でもね、今は大好きなんだ★


だってね、


ホルンには


一つの純愛物語があるから―――♪