「栖羽ちゃん?」

「え?」

「帰ろ?」

「うん....」






公園で、
ベンチに座って、
ちびっ子が遊んでるのを二人で見てた。



「栖羽ちゃんは、
 初めて人を好きになったのはいつ?」

「え?どうしたの突然」

「聞きたいからー」

「...あたしが、
 5才の時かな?」

「すごーい!どんな男の子だった?」

「....泣き虫で、
 馬鹿で.....

 でも、
 かっこよかった」

「へぇー...。なんか意外だ..」

「ん?何が?」

「だって、栖羽ちゃんって完璧な人がタイプなのかと思った」

「...完璧な人なんて、
 いないよ...」

「そうだよね..。

 ね!その話、もっと聞かせてよ!」

「...うん..」



﹑`。*¸﹊・﹑,、.,。﹑`。*¸﹊・﹑,、.,。