★★★★★
愛と友達と家族と
一人の人を一途に愛し抜いた行く末。

そして、その先。

愛と道徳の狭間で苦しみ、自分で道を切り開くその様は、切なくてたまらなくなります。

健気な主人公と共に、愛し、苦しみ成長した気分です。

この作品を読んだ後、きっと何かを学んでいるはず。
大村志乃
08/11/15 22:04

>>新着レビュー一覧へ