「わりぃ。待たせて。」


仕事が終わって、私が駐車場で待っていると、いつもの様に臼井さんが、謝りながら私の車まで来る。


「ううん。大丈夫だよ。」


車を降りて臼井さんの車に乗り換える。

私の指定席である、後部座席に座る。


エンジンをかけて、私の方をみながら、「腹減ってない?」

「ん…ちょっと空いたかなぁ?」


「たまには弁当でも買う?」


「いいねぇ。お弁当買いに行こ。」


「んじゃあ、行きますか?」



この作品のキーワード
不倫  切なさ  リアル  秘密  自己チュー