「おはよう亜矢。」

仕事前、自販機の前で缶コーヒーを飲んでいたら、臼井さんが来た。


「おはよう、ございます。」


「二日酔いじゃね?」


「はぁ、少し?
臼井さんは?」


ぼさほざ頭に、少し髭が伸びてる。


きっと、ギリギリまで寝てて、奥さんに叩き起こされたんだろうか?


欠伸する姿が、また可愛くて、少し笑えた。


この作品のキーワード
不倫  切なさ  リアル  秘密  自己チュー