「もう……朝?」




カーテンを開けたままのガラス窓の向こうは、既に明るくて、今日一日が始まった事を知らせる。



結局、寝付けなくて、何も考えられないまま………。


何も見ないまま……。


ただボンヤリと、一秒一秒時を刻む時計だけを眺めていた。


この作品のキーワード
不倫  切なさ  リアル  秘密  自己チュー