音のない世界は、どんな感じ?


―音のない世界は、きれいだよ


たとえば?


―まるで、星屑をちりばめたように、きれいだったよ



わたしたちの恋は、いつも雨だった。


つめたくて

切なくて

苦しくて


優しかった


好きになればなるほど、いつも、時雨が降り注いでいた。


※友人の実話を元にしています
名前や地名は変更させて頂きました






おれが、おまえの音になるんけ


だから、結婚しないか


返事をきかせてください


美岬海岸で待っています








わたし、聴こえない


わたし、音が分からない


だけど


言葉にできない想いを、手話で伝えたい



感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。