今日も、上様のお渡りがあると伝えられた。

今は、着替えをすませ、髪をすいてもらっている。

「出来ました…。」

「ご苦労様。」

あっ…。

普通、お礼など言わないところ、私はいつも言ってしまう。

「いつき様!」

「…気をつけます。」

これもある意味では作法のような物だから、いつもしかられる。

「さぁ、参りましょうか。」

私は、逃げるように歩き出した。


この作品のキーワード
大奥  江戸  斎宮  歴史  将軍  側室  時代 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。