「いつき…
達者での。」

「はい、父上様。」

「くれぐれも、体には気をつけるのですよ。」

「はい。」

「もう会えねかも知れぬが、次に会うときは、そなたが上座じゃな。」

父上様が小さく笑った。


この作品のキーワード
大奥  江戸  斎宮  歴史  将軍  側室  時代 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。