朝駅で助けてもらいました。

会社で再会しました。

昼休みにまた助けてもらいました。

医務室に運ばれました。

告白みたいなプロポーズされました。

頭の中で今日起こった1日の出来事を整理した。

「あー、ありえない…」

あたしはため息をついた。

ちょっと、展開早くないか?

だって、出会って数時間でプロポーズって…。

何なのですか、一体…。

ケータイ小説でもそんなに展開早くないわよ。

ちゃんと、おつきあいまでの道のりみたいなのがあるんだから。

「って言ってもなあ…」

これが現実。

ケータイ小説の中の話じゃない。

今日起こったことをドラマにしたら、視聴率は間違いなく1%だと思うんだ。

「何かの間違いであって欲しいわ」

今日のことは全て南野課長のおふざけ的な感じだったらいいんだけど。

この作品のキーワード
オフィスラブ  社内恋愛  ドタバタ  ちょい甘  課長  上司  天然  ギャップ  ドキドキ  胸キュン