「いろいろな意味ですごい人だよ、南野課長」

缶コーヒーを口にしながら、東雲主任が言った。

「何せ、文武両道の人だから」

「へ、へえ…」

レモンティーを片手に、あたしは返事をした。

会社内の休憩所、あたしは東雲主任と話をしていた。

内容は、もちろん南野課長のこと。

「そのうえ、イケメンで性格もいい。

俺が勝てるとこ1つもない」

「そんなことないですよ!

東雲主任、素敵ですって!」

東雲主任は気まずそうに苦笑いをすると、
「それ、南野課長の前では言わない方がいい」

「えっ?」

思わず後ろを振り返ると、ブラックオーラ全開の南野課長がいた。

顔は笑っているけど、目は笑っていない…。

完ッ全に東雲主任をガン見している。

こ、怖い…。

南野課長って、結構嫉妬深いキャラなのか?

この作品のキーワード
オフィスラブ  社内恋愛  ドタバタ  ちょい甘  課長  上司  天然  ギャップ  ドキドキ  胸キュン