「お邪魔しまーす…」

あたしは玄関に足を踏み入れた。

南野課長の家に、あたしは突撃訪問していた。

…突撃、ってほどでもないか。

リビングに入ると、
「適当に座ってて」

南野課長が言った。

ソファーと薄型のテレビしか置かれていない、シンプルなリビングだった。

何だか落ち着かない。

そりゃ、そうか。

初めてきたし、人ン家だし、当たり前か。

そう思いながら、あたしはソファーに腰を下ろした。

南野課長もあたしの隣に腰を下ろした。

あたしは彼から距離を開けた。

「何で離れるの?」

「えっ…いや、その…」

反射的と言えば、いいのだろうか?

とにかく、何て言えばいいのか。

そう思っていたら、南野課長が距離をつめてきた。

思わず離れようとするあたしに、
「離れないよ?」

その言葉と共にあたしの腰に彼の手が回った。

この作品のキーワード
オフィスラブ  社内恋愛  ドタバタ  ちょい甘  課長  上司  天然  ギャップ  ドキドキ  胸キュン