お昼休み。

あたしは朝コンビニで買ってきたおにぎりとお茶、携帯電話を持って、屋上に足を向かわせた。

屋上でお昼を食べながら、ケータイ小説を読むのが、あたしの毎日の楽しみである。

「はあ〜」

五十嵐社長、かっこよ過ぎます。

おにぎりを食べながら、片手で携帯電話をスクロールさせていたその時だった。

「痛いッ!」

ゴツンと、頭のうえに衝撃がやってきた。

「痛いー!」

「ごめん、堺!」

声のする方向を見ると、金田くんがいた。

金田英次(カナダヒデツグ)くんとは、数少ない同期生の1人でスポーツマンのような爽やか黒髪短髪が特徴的な男の人だ。

あたしの足元に、コロコロとバレーボールが転がってきた。

「すまん!

バレーやってたら、堺に当たった!」

あわせた両手を前に出し、金田くんはごめんねのポーズをした。

「んもー、気をつけてよー!」

あたしは足元のボールを蹴ると、金田くんに返した。

せっかくのお昼が台無しじゃない!

この作品のキーワード
オフィスラブ  社内恋愛  ドタバタ  ちょい甘  課長  上司  天然  ギャップ  ドキドキ  胸キュン