待ち合わせの場所には、黒いセダン車。


彼はもう来ていた。



周りを見渡して、誰もいないのを確認。



そしてあたしは、車に乗り込んだ。




『久しぶりだねー。クミだよ!分かるでしょ?』


「分かる分かる。…てかアキヒロさんとは別れたの!?」


彼は、アキヒロを"アキヒロさん。"と呼ぶ。

彼にとってアキヒロは、先輩的な存在だから。



『別れてないよ。喧嘩して、なんか全てがめんどくさいんだもん(笑)』



「でも、バレたらやばいじゃん。」


この作品のキーワード
浮気  実話  妊娠  切ない  浮気男  17歳  自傷  偽り  別れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。