「あっそ。…じゃあ今まで何してた?」


『…寝ようとして、頑張ってたけど…寝れなかった…』


「嘘ついてないな?」



何か知ってる風に言う彼。

でも、あたしをはめようとしてるのかも…

と深読みしたあたしは、ボロを出さないように必死。



『ついてないって言ってんじゃん。…自分だって、電話の一つもよこさなかった癖に。』





沈黙。












「何回…電話したと思ってんだよ。…何度かけても、圏外だった。」

この作品のキーワード
浮気  実話  妊娠  切ない  浮気男  17歳  自傷  偽り  別れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。