時間は午後9時になろうとしている時。


…♪~…♪~

[着信:アキヒロ]



『はい』


「おい。お前坂下とヤったべ?つか、色んな男と遊んでたべ?マジ最低だな。二度と!電話してくんな!」



『待ってよ!ヤってないし、他の男とも遊んでない!嘘じゃない!信じて。』




なんで?
こんな嘘ついたのは誰なの…?


「いや、無理だね。信じれるはずないべ。」



『何で!誰に聞いたの!?』



「お前には関係ない。じゃ、さよなら。」




一方的に切られた、"ツー、ツー、"の音を、あたしは黙って聞いていた。

この作品のキーワード
浮気  実話  妊娠  切ない  浮気男  17歳  自傷  偽り  別れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。