線路の脇は草原だった。


ちょっと前まで降っていた霧雨のせいで草には雫がついている。


あたしはそこに、迷わず寝ころんだ。





こんなに走ったのは、久しぶりで酷く疲れていたあたし。



もう、何に対しても限界だったよ。







生きてく気力なんて、これっぽっちもないような気がした。

まるで死体ごっこをしているようなあたしは、軽く目を閉じた。




そんな時。










「「クミー!クミー!?どこー?」」


「「おーい!どこにいるのー?」」









あたしを呼んでる声がした。


この作品のキーワード
浮気  実話  妊娠  切ない  浮気男  17歳  自傷  偽り  別れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。