だけど、いつまでも隠してる訳にはいかない。


"言わなきゃ。"
"言わなきゃ。"

って、タイミングを図ってた。






-次の日-


学校が終わり、バスが駅についた時…



♪~…


あたしの携帯が鳴った。
鳴らしているのはアキヒロ。


『もしもし?』

「今日仕事早く終わった!今から迎え行く~」


チャンスかも…


『…わかった!んじゃあ、駅で待ってるね~』





不安で言いたくない事だけど、早く言いたい。と思っている自分もいた。


電話を切って、アキヒロが来るのを待つ。





言うしかない。

この作品のキーワード
浮気  実話  妊娠  切ない  浮気男  17歳  自傷  偽り  別れ   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。