『貴方ニ復讐シマス……』
男はこの文章を偶然でありながら必然的に目にした。
何故自分が?どうしてここに?そして一体誰が――
男の頭に浮ぶ疑問と自己防衛の意識。
しかし、復讐の鬼は残酷にも彼に……

人を傷つけたらどうなるか貴方は目にする……。

カエルの卵、初作品の3ページに及ぶ短編小説!!