このままでいいのだろうか?


そんなわけないな。



俺は、ただ...


遼を救いたかった。


それだけだ。


愛する人だからとかそんなんじゃない。


はっきりいって、同情だ。


それは、遼もわかっている。


遼には、最愛の彼氏がいる。


今じゃあ、いたって過去形になるのかな?



遼が彼氏の疾風を信じれなくなったから。


距離を置けばいいって、思ったから。


けど、時が経つほどに怖くなる。


遼が俺に依存しないか。


遼は、そんな奴じゃないから大丈夫だろうけど。


俺の願いは、最終的に疾風のところに戻ってくれることだ。


同情なんていつまでも続くわけがないから。


今が居心地がいいだけ。

この作品のキーワード
恋愛  同級生      逃げる  妊娠  捨てる  同窓会