恋をした私は

呆れるくらい臆病だった



だからいつも

想いは想いのまま


言葉に出来なかった







『あなた』に綴ります




この胸いっぱいの想いを








【ここにあるのは私の大切な『恋』】





この作品のキーワード
恋愛  実話