次の日、重い気持ちのまま大学へ向かった。


私は、奈々子に全てを話した。




「そんな事があったんだぁ・・」


「うん・・・」


「ねぇ柚姫、そんな事があるからって、2人が離れる事ってないよね?!」


「え・・どうして??そんな事ないよ!!」


「そうだよね??絶対幸せになってね??」




奈々子は私の手を握りながら必死で訴えた。




「奈々子・・うん。大丈夫だよ・・大丈夫・・・」



奈々子は、私達の事を人一倍応援している。




ありがとね・・奈々子・・


















この作品のキーワード
イケメン  同居  結婚  婚約者  大学  ライバル  恋愛  逆ハーレム  プロポーズ  告白