朝。



「え??來人も一緒に??」


「何??俺が一緒に登校するのは不都合があるのか??」


「そ、そうじゃないよ!!急だから・・嬉しくてビックリしちゃった・・・」


「そっか。嬉しいか・・」


私の頭をポンポンってしてくれた。


「うん・・////」



子供扱いされてるみたいだけど,來人に頭を撫でられるのは・・嫌じゃない////




「ま,古城冬矢って奴も気になるしな」


來人・・顔が笑ってない・・



そして私達は大学へ向かった








この作品のキーワード
イケメン  同居  結婚  婚約者  大学  ライバル  恋愛  逆ハーレム  プロポーズ  告白