その視線を感じるようになったのは、




高校生になってすぐ。





1人でいても、友達といても、




まるでまとわりつく様な視線を感じて振り返るのに、




誰も私を見ている人なんかいない。






…変なの。




授業中も背中に感じる視線に、私はそっと振り返るけど、





1番後ろの席の私の背中を見つめる人なんか、居るわけがない。





最初は、自意識過剰かなって、肩を竦めた私も、





1ヶ月も続くと、気味が悪くなった。






…だけど、感じるのは視線だけ。




どこを捜したって、





その視線の実体はどこにもないんだ。

この作品のキーワード
双子  記憶喪失  幼なじみ  火事  切ない