双子と言っても、私とは性格も全然違うみたい。





…それともこの10年が、星を変えたんだろうか。





思い出したい。





初めてそう思った。




星と双子の兄妹として、家族で暮らしていた、6年間の記憶。




その中の私と星は、一体どんな兄妹だったんだろう。





霧も含めて、




私達、どんな風に育ってきたんだろう。




どんな、どんな。





…深く思い出そうとして、




ズキン…と、刺すような痛みが頭に走る。






事件の事を散々聞かれて、




必死に何か思い出そうとした時も、いつもこんな頭痛に悩まされた。





気圧が高くなって、頭の中を圧迫していくような、不快な痛み。




ただ、自分と星の事を思い出したいだけなのに。





…この痛みが、邪魔をする。

この作品のキーワード
双子  記憶喪失  幼なじみ  火事  切ない