…どこかに、



彗(すい)の隠れファンがいるのかもよ。






友達は笑うだけ。




もちろん、実体もわからない、被害もない、じゃ、




警察に訴える訳にも行かない。





気味が悪いんです。その視線が。





そう言ったって、私の主観だけの訴えなんか、





まともに聞いて貰える訳がない。




…だから、私は、





その視線を気にしながら、何も打つ手はない。






…気味は悪いけど、何も被害はない。





私は誰かに相談するのを諦めた。





…だって、誰に相談するの?





誰が信じてくれるの?





そんな人、



いやしないんだから。

この作品のキーワード
双子  記憶喪失  幼なじみ  火事  切ない