『見える』と言うことを知らない。




つまり、教えて貰わなければ、



自分の周りにある物や人の名前もわからない。




覚えていくものは全て、周りの人間からの情報だ。




実際には『父親』でも、『母親』だと教えられれば、



少女の知る『父親』は、『母親』と認識される。




そういった少女の6年間は、無かったことにされ、




今また、『記憶』を操作され続けている。




…目の見えなかった少女が、




なぜ今になって、その五感を働かせる必要に見舞われた?

この作品のキーワード
双子  記憶喪失  幼なじみ  火事  切ない