「じゃ、先生。また、来月」




私が荷物をまとめながら言うと、



彗ちゃん、と、




修吾先生が声を掛けた。





ん?と振り返った私に、




修吾先生は厳しい表情を見せた。





「…もし、本当にただのストーカーとかだったら、


ちゃんと警察に通報しろよ」





私の心配をしてくれる先生に、私も頷く。





じゃあ、また来月、と、




ドアに手を掛けながら、




先生を振り返った。






先生は私に体の正面を向けて、




手を振っていた。






ドアが閉まる前に、




先生の独り言を聞いた気がした。







「…やっぱり1番大切なことが、


まだ思い出せない」

この作品のキーワード
双子  記憶喪失  幼なじみ  火事  切ない