俺には、大切にしたい女の子がいる。





俺の両親とその親友夫妻は、「どうせ休日を共に遊ぶのだから、いっそのこと隣同士に家をたてよう!」といって、本当に隣同士の家を建ててしまった。



だから、俺には親が二組いるようなものだ。


俺が生まれて4年後。


我が家では弟が、隣人には第一子である女の子が生まれた。


俺は、一気に弟と妹が生まれたと思い、無邪気に喜んでいた。



後で、こんなに苦しい想いをかかえるとも知らずに。

この作品のキーワード
年の差  幼なじみ  隣人  らぶらぶ