冬休みが終ると、マキコは神戸の下宿先のアパートへ戻ってきた。

カギを回すと開いている。

えっと驚いて、そうっとドアを開けて中を見ると、和夫が“お帰り”と笑った。

マキコは硬直して、つっ立っている。

やっと声が出た。

「あ、あんた、カギ!
なんで? まさか。」

「さーね。」
和夫は笑って、言った。


この作品のキーワード
ミステリアス  大学  肉食系男子  関西  愛憎  傷跡    罪人  進路  結婚式