翌朝マキコは、和夫の家に電話した。

和夫を起こすと、無理やりタクシーに押し込む。

マキコも乗って、和夫の家“三屋内家”へ向かった。


それは、叔母の葬式が終わる頃に起きた。

いとこの守が、突然、和夫に向かって叫んだのだ。


この作品のキーワード
ミステリアス  大学  肉食系男子  関西  愛憎  傷跡    罪人  進路  結婚式