和夫達二人が帰った後で、母親の乃里子(のりこ)は、夫に話しかけようとした。

しかし、夫の秀一は

「疲れているんだ。」

と一言いって、書斎に入ってしまった。

乃里子は書斎の扉を見ていたが、あきらめて夫婦の部屋に一人で戻って行く。


この作品のキーワード
ミステリアス  大学  肉食系男子  関西  愛憎  傷跡    罪人  進路  結婚式