どうしよう…慎矢さんと…二週間だけだけど、同棲する事になってしまった…。



自分の気持ちに気付いた今…同棲なんて…どうしよう。



毎日顔を合わせるって事よね…。私の心臓、大丈夫かな。



慎矢さんの事を好きって気付いてから…何か意識しちゃって…まともに顔が見れないんだけど…。



「お前の部屋はここな。好きに使ってくれていいから」


「…え?別々なの?一緒でもいいのに」


「当たり前だ。何期待してんだ」



慎矢さんは私の額にデコピンをすると、部屋を出て行った。



この作品のキーワード
肉食系  大人の恋愛  泣ける  身体の関係  切ない  命懸け  秘密  ワイルド  感動  強い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。