あれから一週間が経ち、私の心情も落ち着いたから自宅へと帰る日がすぐそこまで迫っていた。



相変わらず一週間経っても抱いてくれる気配が全くない。二日に一回はわざと遅く帰って男と居た振りを続けたのに…。



それでもダメみたい…。このままじゃ本当に終わってしまう。もう…時間がない…。



もしかしたら慎矢さんは…もう、私に魅力を感じなくなったとか…?



だから…抱いてくれないの…?



この作品のキーワード
肉食系  大人の恋愛  泣ける  身体の関係  切ない  命懸け  秘密  ワイルド  感動  強い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。