―――-…
――――――-…



あれから早いもので8ヵ月が経った。



今あたしはお祖母ちゃん家で暮らしてる。



ママ達は今も前の家で暮らしてる。



「栞ちゃんおやつ食べるかい?」

「うん!!」



お祖母ちゃんは優しいな~



「あっ!また蹴った。」

「あらまぁ、元気な証拠だよ。」

「そうだね。」



あたしのお腹はポッコリ。



もう臨月だからいつ産まれてもおかしくない。



男の子かな?女の子かな?って毎日思ってる。



もうお医者さんはもうわかってるみたいだけど、


あたしは産まれてからのお楽しみ。




この作品のキーワード
御曹司  婚約者  年上年下  切ない  大好き  切甘  愛してる  過ち  妊娠  子ども