サッカーに明け暮れる明るい少年、晴。

ピアニストを目指す大人しい少女、優花

「ここにいると、優しい音が聴こえる」

「ここから見える景色と音が大好きなの」

幼なじみだから言えなかった。

想いを口にすることは怖かった。

だから、

幼なじみという関係が、砂でできたお城だと気づかぬまま。

「俺は」

「私は」

大切なお城を壊してしまった。

この作品のキーワード
幼なじみ  甘切  スレ違い