とある裁判所にとある神経質な検事がいました。

「なんだその昔話みたいな話の始め方は」


開廷まで時間があるし喉が乾いたので自販機で買う事に。

裁判所によるかも知れませんがあるところにはあるんですよ自販機(未確認)。

「…なんだ未確認て」

いやいや人づてに聞いた話だから間違いだったら修正大変でしょ?

「面倒とも言…う…」

すると立ったまま固まってしまった検事さん。
どうした…の…

この作品のキーワード
弁護士  コメディ  法廷  裁判  検事  ショート  嘘120%