「余り気がのらないですが、開廷します…!」
裁判長は唇をぶるぶる噛みしめながら言った。

※因みにリアルの裁判では木槌はないZO☆(さりげに豆知識)

「裁判長、今はキジトラ子猫の事を引きずってる時ではない…」

「はい…」

「なんで解ったの検事!?マトモだと思ってたのに!異議です、異議あり!!」

「却下です!うるさいですよ弁護人!もう貴方クロです!」

「えぇ!?」

「(大丈夫かな俺…俺はヒコークニーンー)」
















…開廷です。

この作品のキーワード
弁護士  コメディ  法廷  裁判  検事  ショート  嘘120%