「い、いつまでお世話係やればいいの・・?」
「一生だ」
―私はあなたのお世話係です。