あれから3年が経っていた。

「あ、秋葉…??」

別れるなら出会いたくなんてなかった。

「まったく昔っから祐樹はそうなんだからぁー」

平穏な日々はずっと在りつづけるものだとばかり思っていた。

「そういう可愛くねぇーとこ、秋葉も全然変わってねぇーよ」

どうしてこんな事に――。

「秋葉っ!!」

こんな事になるなら…。
再会を呪った。

「私たち…出会わなければよかったね」

その時、彼女の目から一筋の涙がこぼれ落ちた―。


「約束し、て…私たち、ずっ、と…いっ…しょ、だっ…。」

脆くて切ない純愛物語――。


この作品のキーワード
ラブストーリ  純愛  恋愛  初恋